にゃん王子とウサ王子との、ナミダ、アセ、エガオ、そしてくだらない話ばっかりの日々
by rosifix
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
[GM] ゴルマイ @ Daraoke
ご覧になった方がいると思いますが、

これはめちゃ面白いです!

私は椅子から落ちそうになったほど、爆笑しました。

Clashの「ロークプラチャムトゥア」
 最初は二人、Clashのボカリストのマネをしました。
 マイクの番になったら、マイクは歌えないので、お兄ちゃんにマイクロホンを戻しました。
 そして、突然!ヤクルトを登場!
 二人とも、同時にヤクルト飲んで、歌うのが止まりました。
 兄弟がマイクロホンを奪い合いました。マイクはお兄ちゃんを乱暴しました。
 マイクロホンはひとつしかなかったのかなと思ったら、マイクは何かを口につけたみたいです。でも、それはヤクルトでした。マイクはマイクロホンを取ったとき、ゴルフもヤクルトを飲みました。
 でも、ゴルフはこんなカラオケで歌っても、真剣に歌ってくれましたね。
 マイクはマイクロホンがとれたとき、ゴルフは邪魔しようとして、「歌詞を覚えてよ」って言いました。
 どんだけかわいい!
 どんだけおもしろい~
 ハハハ ハハハ ハハハ
 どうぞ自分でご覧ください!

Aof Pongsakの「テアンカンランタルトゥンフアジャイ」
 この曲はなんかずっとエスカレーターやエレベーターなどのギャクです。
 最初はマイクが歌いましたが、ゴルフの声で!
 マイクはお兄ちゃんの歌声と反対で、面白い顔をしました。
 ゴルフは相変わらずきれいな声で歌ってくれましたが、次の部分はいきなりおかしい声をしました。でも、自分も耐えられないで笑いましたから、やめました。
 最後にはマイクはまだエスカレーターのギャクをやりました。ゴルフは「このギャクをよくやったよ。やめて」って。
 曲の終わりでは「死にたい」っていうですが、ゴルフはマイクに「死ねよ」って歌いましたが、終わると「よしよし冗談」と言い直しました。

 本物が説明より面白いですから、ご覧になってください☆

 あんなにかっこいい子たちは、まさかお笑いでもすばらしくできましたね。

 私は今まだ笑ってますよ。手が震えてキーボードを打ちながら。
 
 
[PR]
by rosifix | 2007-11-10 20:02 | マイトーク
[event] 「Bangkok City Music Festival」発表 @ Emporium
 2007年10月31日、
 「Bangkok City Music Festival」発表が Emporiumで行われました。
 この音楽祭では色んなジャネルのアーティストが参加するコンサートです。チケットは無料で、11月17日からSiam Paragonか、EmporiumのKPNの受付で取れます。
 会場はEmporiumの隣にあるベンチャシリという公園で、コンサートは12月1〜2日の午後4時に始まる予定です。
 今回の発表はゴルマイがただ出席しただけです。演奏などはありません。でも、コンサートでは演出するそうです。ゴルマイは12月1日に出る予定です。

 楽しみ☆
[PR]
by rosifix | 2007-11-02 02:12 | レポ局
[event] 「Let's Bounce Concert」発表 @ Center Point
 2006年2月6日にはCenter Pointで「Let's Bounce Concert」の発表がありました。
 このコンサートはゴルマイの最初の本格的なコンサートとしました。2006年3月18日にThunder Domeで行われることになりました。
 ゴルマイは、チケットの取り方などの、コンサートの予定について話して、それから、短いショーをしました。ショーはメドレーで「Epilogue」と「Bounce」でした。

 映像は >>>こちら<<<
[PR]
by rosifix | 2007-11-02 02:00 | レポ局
優しいねむにゃん♥
 今日、サイアムスクエアでねむにゃんを見ました。

 遠くで見たけど、それで嬉しかったです。

 ねむにゃんは相変わらずカッコよかったです。でも、そんなオーラーでサイアムを歩くなんて、ほんとに派手にやりましたね。お兄ちゃんは一緒に来ましたが、ちゃんと車の中にいました。

 ねむにゃんはいつものマンガ屋さんによって、チェスターグリルへ行ったみたいです。

 チェスターグリルから車の待ち合わせまでの途中では、貧乏な子どものための寄付を求める、大学生のボランティアたちがいました。女性の学生はねむにゃんを見たとき、わいわい騒ぎましたが、自分は活動中だから、見る以外には何もできません。

 ねむにゃんはチェスターグリルを出たとき、満足する笑顔でお金を募金箱に入れました。

 優しいにゃん!

 それから、それを知った女性はみんな寄付をしました。

 子どもたちは本当に助けてもらいますね、きっと。

 ねむにゃんは一人で楽に歩けるから、こんないいことが見れました。よかったです。

 優しいねむにゃんに毎日幸せでありますように。
[PR]
by rosifix | 2007-11-01 01:39 | マイ王子ちゃま